*苗づくりの様子*
お店の奥にあるガラス張りの育苗室で苗づくりしています!!

毎年3月、その年のお天気、気温、月の暦を参考にハーブのタネまきをはじめます。

育苗室はラベンダーの精油を入れたお水で毎年拭き掃除をし、ホワイトセージで浄化します。

HB101という活力剤のようなものとバッチのフラワーレメディーをお水に加え、それぞれのハーブに必要なケアをして、
ストレスを与えないように、のんびりと元気に育つように心がけています。その他、ヤングリヴィング社の精油を随時、
必要に応じて使用しています。

@有機の土で、まずはタネまき A発芽したら、セルトレイに
植え替えします
B本葉が出てきたら、ポットに
植え替えます
Cこのくらいになりましたら
販売スタートです

*オリジナルオーガニックハーブ苗は5月〜順次販売、売切れ次第修了です*

*ハーブの芽、意外に個性があってかわいいです*
  コリアンダーの芽

タネは丸い大きめのタネ。スプーンの背で固い殻を軽くつぶすと、2つに割れるので、それを一晩コップのお水につけておいてから、タネまきします。
芽の出てきたときの感じがすごくかわいくて大好きです。

  スイスチャードの芽

ゴツゴツした、茶色い大きなスイスチャードのタネをまくと、1粒から3,4本の芽が出ます。しかも、こんな風にカラフルなミックスで。
そして、この子を植え替える時、かわいいそれぞれの根っこも赤・白・黄色・ピンクと、それぞれの茎と同じ色なんです!!
バジルの芽

やっぱり、一番かわいいのはバジル。双葉から、ちょろっと丸い本葉が出始めたら植え替えます。この植え替えの時から、バジルの甘くさわやかな香りがプーンと漂って、作業中もかなり癒されます。
ナスタチュームの芽

小さいうちからナスタチュームと一目で分かる独特の葉っぱ。タネも大きくて、簡単に芽が出ます
イタリアンパセリの芽

細長いタネ。発芽まで時間がかかるので、いつも一番初めにタネまきします。好光性種子なので、土はかけません。本当は移植を嫌うので、そっと植え替えます。イタリアンパセリも根の香りは苦みばしったパセリの香りです。
ラベンダーの芽

タネはとっても細かくて、ここまでなるのに、ものすごく時間がかかりますが、ここまでくれば後は楽チン、だまっていても、すくすく成長してくれます。
コスレタスの芽

初めはか弱そうな芽ですが意外に強くて、どんどん大きく育ちます。
芽キャベツの芽

初めからブリッと元気
ハーブよりも発芽は早め
*使用する土や肥料*

用土・・・サカタのタネの有機の土
肥料・・・油粕
虫除け・肥料・・・ニームの力
その他・・・HB101・バッチフラワーレメディー
ヤングリヴィング社の精油・ホワイトセージ


*sola og plantaのハーブ栽培*
こんなことを大切に思ったり、感じたりしながらやっています。
(ブログに書いたものをまとめました。よかったらご覧ください。)

お店の掃除も終了です
いよいよハーブのタネまき始まりました
月のリズムのタネまき
早くも芽が出ました
満月を過ぎて、発芽続々と
新月の日に向けてハーブの植え替え中
オーガニックレタスの販売スタート
自家製バジル、いよいよ販売です
フレーズ・デ・ボアのタネ採り

Topへ戻る