★花苗の入荷時期の目安は★

寄せ植え用の一年草苗(4月〜7月)
ハーブ(4月中頃〜7月)
宿根草(4月中頃〜6月)
クレマチス(4月下旬)
アジサイ(4月中頃)
バラ(4月初旬)
ミニバラ(4月中頃〜5月上旬)
ベリー系(4月下旬)



寄せ植え用の苗
寄せ植え用の一年草の花苗や葉物は4月初旬〜6月にかけて入荷します


4月初旬  本州からの春の花苗はこの時期に入荷します。
      マーガレットやオステオスペルマム、ローダンセマムなど、背丈があり寄せ植えの主役にもなる使いやすいお花が多いです

4月上旬  ビオラなどの寒さに強めの花苗が入荷します。

4月中旬〜下旬 寄せ植え使いで主役にも脇役にもなるミニバラや、寒さにも強いネメシアなど、この時期は毎日花苗が入荷します。

4月下旬  サフィニアなどの栄養系の花苗が入荷。1株でこんもりの寄せ植えタイプです。

GW    花苗の種類が一番多い時期です

5月中旬〜下旬 夏〜秋にかけて寄せ植えに活用できる花苗はこの時期に入荷します



宿根草の苗
4月中旬〜6月にかけて株の状態に合わせて随時入荷します



宿根草の苗は一年草の苗と違って、ほとんどがお花も咲いてない葉っぱだけの状態です。でも、この小さな苗を植えておくと、今年から、ちらちらお花を楽しむことが出来ますし、来年には大きく広がって、本来の姿になり、たくさんのお花を咲かせてくれます。

その土地によってのお手入れの仕方や育ち具合も変わってくるので、冬越し出来るか、花の感じ、広がり具合やどんな場所が好きかなどは ぜひ、お店で尋ねながらご購入下さい。お店に置いてある宿根草はほとんど実験済みですので、どうぞ遠慮せずに何でも聞いてくださいね。

お庭の様子や、お花の咲き具合、お手入れについてはブログで報告がてら紹介しています。


2003年に実家に戻ったときは種苗店の娘なのに、花の名前もいまいちで、お客様に尋ねられるたびに「これ、一年草?これ宿根草?」とお客様と同じ質問を親にしているくらい、お花のことには疎かったのですが、アメリカのバーモンドで素敵なお庭作りをしているターシャテューダーさん
(残念ながら亡くなってしまいましたが)のお庭をTVで見て、私のお庭に対する価値観が,がらっとかわりました。

あのナチュラルでゆったりした暮らし方、植物たちの自然で生き生きとした姿。「こんなお庭、アメリカだからできるんじゃん」っと西洋びいきな私は思ったのですが、写真集やDVDでじっくり見ると、オダマキ、スイトピー、忘れな草、ポピー、日本にもある植物ばかりなのです。

あまり好きではなかったチューリップやシャクヤクさえも「なーんてきれいで絵になるのー?」と驚きました。それからは少しずつ宿根草を仕入れてはどんなふうに育つのか自分の庭に植えてみるということを続けました。

だいたい宿根草の苗は初めは葉っぱだけの、ちんまりした株で、ついているラベルも目安の背丈や花の色くらいしか書かれていないので、中々イメージがつきにくくて、私の場合は理屈ではなく、実際に植えてみるのが一番手っ取り早いなと思いました。

自分の庭で植えた後どうなるのか?お花はどんな感じか?1年目は?2年目になると?と観察していくたびにどんどん宿根草の魅力にひきこまれてしまいました(笑)

宿根草とハーブの組み合わせは私の大好きなお庭のスタイルです。
お店が忙しすぎて、中々手入れが出来ないのが悩みですが、植物同士お互いが良い感じでゆずりあったり、協力し合って毎年少しづつ変化していく様子を見るのが本当に楽しみで、夕方お店が暇になると、こっそりお庭を散歩しながらお花を眺めるのが至福の時間です(笑)


ベリー苗
4月下旬頃入荷します(その年により時期や品種は変わります)
入荷情報はトップページでご確認ください

ブルーベリー(函館産)
クラブアップル
ブラックベリー
ラズベリー
ジューンベリー
レッドカラント
クランベリー
エルダー

Topへ戻る